作曲・作詞で人生が開ける

椎名林檎が歌う「翳りゆく部屋」

荒井由実時代の「翳りゆく部屋」が大好きでした。
悩んだ時悲しい時、どん底まで落ちていく中で聞く曲でした。
若い頃はあまり歌詞の意味もわからず、メロディーを聞いているだけで私の気持ちに寄り添ってくれてくれていました。

 

ユーミンの歌声が当たり前になっていた私の感覚をぶち壊す歌声を聞いたのが、椎名林檎でした。
先日ドラマのエンディングに流れていてて、まさかっ?と思い調べたらアルバムの中にありました。
あまりの衝撃にこの選曲をした人に感謝したいくらいでした。

 

林檎はもともと大好きなアーティストでしたが、彼女の歌声で聞くことで落ちたら這い上がって来れるかな???と一瞬思いました。
でも大好きな曲を大好きなアーティストが歌うことで、違う感覚が芽生え、私にとって心地よいものに変わっています。
最近カバー曲を出すアーティストが多く、なんとなく聞き流していることも多い中、初めて大きな衝撃を受けた曲でした。

 

きっとこの先、林檎の「翳りゆく部屋」は私の過去の悲しい思いも含め、思い出の曲となっていくと思います。

 

 

ホーム RSS購読